初心者向け情報

オンラインカジノは税金が発生する?

“オンラインカジノで遊ぶと少ない資金で一攫千金を狙えるチャンスもありますし、コツコツと手堅く遊んで手持ちのお金を増やす方法もあります。

還元率が高いのでベットする額やゲームの種類によっては驚くような利益を上げることもあり、高額当選のニュースが流れたこともあります。

お金が手に入る手段ということですので、遊ぶ時に考えておかなければならないのが税金の問題です。額の多い少ないに関わらず、1日でも勝つと関係してきます。

銀行の口座を利用しているオンラインカジノでは、誰がどのくらい稼いでいるかを把握するのが簡単です。

誤魔化そうとしても証拠が残っていますので、最初から適切な処理をしておいた方が無難です。

基本的なこととして、オンラインカジノは実際にお金をかけてプレイするものであり、利益が出れば個人の所得とみなされて所得税が発生します。会社勤めをしている人でも給与から天引きしてもらうことはできませんので、自分で確定申告をしなければなりません。

所得税の計算では、利益を出した分から経費を差し引くことになります。

経費を差し引いた後でも何らかの控除が発生することがありますので、控除の種類についてはしっかりと学んでおきましょう。

控除される分でできるだけ多くすれば、納める税金を減らすことができます。

対象期間は1月1日から12月31日までの1年間を見るのですが、この間にはギャンブルですから負けてしまうこともあるはずです。

負けた分は差し引いてもらえるのではないかと考える人もいますが、実は負けた分は一切考慮されません。

つまり、1年間の間にいくら勝ったかを計算するものであり、負け越していても利益が出ていれば所得税の納付が必要です。

所得にも様々な種類がありますが、オンラインカジノで得たお金は一時所得または雑所得になります。

一般的に多いのは一時所得として申告する方法であり、収入を得るために支出した金額に加えて50万円を控除することができます。

また、課税所得となる所得金額は、算出された一時所得の半分になっていますので、この点に注意しながら計算してみましょう。

雑所得というのは他に分類されない所得の全てを指すものであり、特別控除額が認められていません。

ですから、課税対象は収入から必要経費を引いたものをそのまま出すことになります。

一時所得よりも雑所得の方が課税対象となる金額が多いのが気になるところですが、必要となる範囲が広いですし、1年間の損益計算によって算出されますので、このあたりに大きな違いがあります。

どちらで申告をするのかによって計算の仕方が異なりますが、営利を目的としている場合には雑所得になることが多いようです。

一時所得の場合には損をした分は考慮しませんので、利益が出た分を足していきます。一時所得の場合には50万円の特別控除を受けることができ、50万円未満の利益なら所得税が発生しないことも覚えておきましょう。

実際に申告することになったら色々な書類を集めておかなければなりませんので、早めの準備をおすすめします。

収入の証明に関する書類ではオンラインカジノの運営元に支払い調書の発行依頼をしておくとスムーズです。

確定申告をする際には支払い調書を必ずつけなければならないわけではありませんが、スムーズに手続きするための重要なものですので、用意しておくと良いようです。

経費として計上するものは領収書や証明書、受領証などが必要になります。

利益が出ているのに税金を納めないと、追徴課税を課される恐れがあります。

それだけならまだしも、悪質な脱税だと判断されれば刑事告発される恐れもありますので、稼いだ分はきちんと申告することが大切です。

とはいえ毎回の収支をしっかりとつけて、申告をすれば何の問題もありません。