カジノ攻略法

31システムを用いてバカラで稼ぐ

オンラインカジノの中でも人気のゲームのひとつにバカラがあり、週末やホリデーシーズンとなれば多くのユーザーで賑わい場合によっては順番待ちになってしまうこともあるほどです。

バカラはカードを引いて1桁の数字が9に近い方が勝つというゲームで、プレイヤーとプレイヤーペア、バンカーとバンカーペア、タイのいずれかにかけて勝利や引き分けを予想するというものです。

仮に勝利のためのルールが良く分らなくても、ほとんどの部分をディーラーに任せて誰が勝つか、あるいは引き分けなのかを予想するだけの単純明快なものなので初心者の方でもとっつきやすいのも魅力です。

バカラの人気の秘密は、ゲームそのものがエキサイティングなだけではなく一定の理論を踏まえれば高確率でリターンを得られるのが大きな理由です。

その中でも比較的ローリスクで、もしも2連勝をすることができれば大きく稼げる可能性のある31システム法がよく用いられています。

まずは下準備としてシステムの名称の由来となっている31ドルを用意し、1回目から3回目までを1ドル、4回目と5回目を2ドル、6回目と7回目を4ドル、8回目と9回目を8ドルに分けます。

そして9回のプレイのうちのどこかで2連勝することを目指し、9回のうち2連勝できなかった場合や2連勝達成のいずれかを満たすと1サイクルを終了し再び1回目からやり直します。

この31システム法を行なえば万が一2連勝ができなかったとしても、最初に用意した31ドル以上負けることがないため低リスクかつ上手く行けば大きく勝てる可能性を楽しみたい初心者の方から、手堅く稼ぎたい上級者の方まで幅広いタイプの方が利用しています。

しかし、テーブルによっては1回あたりの金額が1ドルではなく、2ドルの場合もあります。

この場合はそのまま2倍にして62ドルを用意し、1回目から3回目までを2ドル、4回目と5回目を4ドル、6回目と7回目を8ドル、8回目と9回目を16ドルに分け、2ドルのテーブルに合わせた31システム法を準備します。

この状態でプレイをしたシミュレーションでは仮に1回目と2回目が負けてマイナス4ドルとなり、3回目に勝利すれば3.9ドルを獲得でき4回目の金額に上乗せしますが、端数は賭けられないルールのためここでは4ドルにして4回目の4ドルと合わせて合計8ドルを賭けます。

ここでもしも勝てば15.6ドルを獲得でき2連勝となったので1サイクルを終了し、続けるのであれば再び1回目からやり直しますが、この時点で効率よく稼げていることに気付きます。

もしもここで負けてしまえば1サイクルを終了し、こちらも1回目からやり直ります。

このペースで2サイクルと3サイクルも最初の2回目まで負けて3回目と4回目で2連勝したケースで試算すると、113ドルのプラス収支となります。

ここまでは上手く行った場合のケースですが連敗を喫したケースで試算してみると、7連敗した場合はこの時点でマイナス30ドルですが、ここでリセットをして1回目からやり直して7勝することができれば損益分岐点を超えてここまでのマイナスを取り返す上にプラス収支に転換することもできます。

この試算では150ドルを失った後でも最後には166ドルを稼いで16ドルのプラスになる計算で、最初に大きな連敗をした後でも元金以上を取り返すことが可能です。

最後にまとめると31システム法を使ってバカラをプレイすれば、勝てる流れであれば大きな収益を得ることができ、連敗をすることがあってもリセットをするタイミングが適切であれば十分逆転することが可能です。

オンラインカジノで提供されているゲームの中でも、バカラは繊細で理論的な要素が多いエキサイティングなゲームです。