カジノ攻略法

ダランベール法を用いてポーカーテキサスホールデムで稼ぐ

オンラインカジノではいろいろなゲームを楽しむことができ、本場のカジノのようにいろいろな必勝法を試すことが可能です。

例えばテキサスホールデムポーカーの場合、プレーヤーの裁量範囲が大きく心理面の駆け引きによって勝敗左右されるゲームになります。

最初に配られるカードの2枚(スターティングハンド)に対して絞ることが必勝法になるでしょう。

あまりよくないカードが来たら最初からフォールド、つまりゲームを降りることが先決です。

良いカードが来たら強さに応じ賭ける金額を増やしていくことが基本になります。

自分に合ったプレースタイルを見つけたり、決まったスタイルでまずはプレーするのが必勝法になります。弱いプレーヤーが多くいるテーブルでプレイするのが良く、リアルタイムで他の人の統計を取れるホールデムマネージャーといった便利なツールを利用するとプレイしやすいです。

いろいろな必勝法がありますが、例えばダランベール法はフランスの数学者且つ物理学者、哲学者でもるジャン・ル・ロン・ダランベールが発明したとされている方法で、とても単純な戦法で古典的な手法の一つです。

負けた場合は賭け金を1増やし、勝った場合は賭け金を1減らすという仕組みです。

勝っている時も負けている時も資金の増減がおだやかなので安心・安全に続けることができるでしょう。

もし連敗したとしても次の勝ちで取り戻せるわけではないですが、一定数は取り戻すことが可能です。短期勝負ではなく長い期間において勝負するのに向いています。ルーレットやブラックジャックなど1/2の確率において配当が2倍以上といったゲームには有効的です。

バカラでも利用することができるので、幅広い世代の人が利用している手法になります。

逆ダランベール法も古典的な戦術の一つで、これは負けた場合は次の賭けを1に戻し、勝った場合前の賭け金額に+1にする方法です。

連勝中に負けがあってもいくらか利益を期待することができるでしょう。

やり方として例えば最初に賭けるのに1にし、負けた場合次のベットで1に戻します。

勝った場合次のベットは前の賭けに+1した賭けを行います。

しかし勝敗が交互に繰り返されるとあまり効果が見られないこともあり、勝ち続けた場合その威力を発揮することができ連勝の間に負けがあっても連勝を繰り返すとという逆グランベールの利益に期待することが可能です。

いくつかメリットがあり、負けた時はプレイ10回の合計数値が-10になり、仮に負け続けたとしても最後の賭けで勝つと−8の最小限の負けで済みます。勝ち続けた場合は回数毎に+1のベットを加算するので、勝ち合計として55数値になります。

最終的な賭けで負けても35残すことができるので、大勝ちは不可能でも利益をプラスにすることが可能です。この方法だとマーチンゲール法のように連敗すると賭け金が増加したり、カジノ側の最大ベットの問題もないでしょう。

基本的にダランベール法はできる限りプラスマイナスをゼロの状態を維持するための攻略法で、理論上勝敗50%の場合はこのダランベール法を使う限り有利です。実際のところ偏る傾向があり、もし連敗が続いてしまうと損失が大きくなるかもしれません。

資金に余裕があるならダランベール法でプラスマイナスがゼロの状態を維持しながら、連勝した場合に儲けることができるでしょう。

オンラインカジノにはいろいろなゲームがあり、ポーカーはもちろんルーレットやスロットゲームなどで一攫千金を狙うことが可能です。

簡単に登録することができ入金・出金を気軽に行うことができるので便利です。世界中において幅広い世代の人が利用していて、日本でも違法にはならないので安心して利用することができます