オンラインカジノ

ブックメーカーも利用可能ビットカジノ

↓↓今すぐビットカジノを利用したい方はこちら↓↓

最近は、ギャンブルなどを行っている人が増えていますが、外国で行われているもののひとつがブックメーカーになります。

ブックメーカーとはいったいなにかと言えば、例えばスポーツを対象とした賭け事のことをいいます。

例えば、国際的なサッカーの試合が行われていた場合、どちらに勝つかをかけるわけです。これにより、買った方はお金をもらうことができるだけでなく、比較的配当の割合が高いのも大きな特徴になります。これは個人的に行っていることで、大抵の場合には専門業者が行っています。

その業者も、厳しい制限のある資格を取得しなければなりません。つまり、どの業者でも申請すれば簡単に行えるのではありません。

比較的賭け事に対して寛容な海外でもそのように厳しい制限が用いられていますので、日本で行えば違法になる可能性が高くなるでしょう。現在のところ、明確な決まりはありませんが賭博罪に該当する可能性があります。

賭博罪に該当する人は、お金をかける人だけでなく胴元の存在が必要になります。

もし、その場所に片方しかいない場合はそもそも賭博罪の成立はしないでしょう。両者がいる事が重要ですがそれに加えて公然と行われていること必要になります。そうすると、これらの条件を満たした時に賭博罪を成立する可能性も否定できません。

ただ、あまり公に行われていることが少なく大抵の場合オンラインで行われています。最近は、インターネットが非常に広まっていますのでスマートフォンを使っても簡単に賭け事に参加することができます。わざわざ、場所を移動する必要はありませんし電車賃等の費用もかからないため非常に便利と言えるでしょう。

ではどのようなところで行っているかと言うと、オンラインカジノを運営している業者が主催している可能性が高くなります。

例えば、ビットカジノと呼ばれるところは、ブックメーカーをオンラインで行っており、誰でも参加することが可能になります。

では、そもそもこれは違法なのかどうか問題になりますが、まず胴元と賭けるお客さんが同じ場所にいないため違法性は無いと言えるでしょう。

また、そもそもインターネット上で行われているブックメーカーが違法かと言えば、実際には違法性に該当することはないでしょう。そもそも、インターネットで行われているカジノは日本の企業が行っている事はほぼありません。

実は厳しい制約があり、海外のライセンスを取得していなければ行うことができないのが特徴になります。つまり、日本の企業が日本国内でオンラインカジノを行うことができません。もちろん、ブックメーカーを行うことができないでしょう。

ただ、今後法律の改正されればこれができる可能性も否定できません。

では、実際に利用する場合にはどのようにしたらよいかといえば、まずはビットカジノに登録をしなければいけません。登録をしてすぐにできるかといえばそうではなく、しっかりとルール説明を読む事が大事になります。

ちなみに、ビットカジノは、ビットコインを利用して行うものになりますので現金を使うことができません。

まずは、ビットコインを所有するところから始める必要があるでしょう。

この会社自体は、2014年から運営していますのですでに5年以上運営していることが理解できます。

そのため、安全性の高さが十分に担保されていると言って良いでしょう。

ビットコイン自体は仮想通貨になりますので、仮想通貨を取引所で購入する必要があります。

現金等と異なり、上下動が非常に激しいため高い時に購入して下落してしまうと、結果的に損をする可能性も否定できません。そのため、購入するタイミングを十分に考えておく必要があります。

ビットコインをただ投資目的で保有しているだけで何もして以内という人でオンラインカジノやブックメーカーに興味がある人はぜひともビットカジノを利用して見ましょう。