オンライン決済サービス

bitcoin(ビットコイン)の登録~入金の流れ

仮想通貨ならビットバンク

bitcoin(ビットコイン)は今世間から大変注目されていますが、名前を聞いたことがあっても使い方が分からずに利用したことがないという方も多いのではないでしょうか?

bitcoin(ビットコイン)とは一言で言えば特定の国に属さないバーチャルな通貨といえます。

ブロックチェーン技術によって改ざんの恐れを原理的にありえないと言われており、日本は世界の中で比較すると普及はあまり進んでいないと言われていますが、オリンピックの開催も控えた今急速に利用が拡大しているようです。

オンラインカジノの入金方法としてもbitcoin(ビットコイン)の利用は増えています。

利用する最大のメリットは送金手数料の安さです。海外に送金する場合でも為替変換手数料等がかからず、0.0001BTC(日本円で数十円程度)で送れてしまいます。

今後決済の主流になる可能性も高いので、その利用方法を知っておくことはとても有意義なことです。

ではどのようにすれば利用できるのでしょうか。ここでは登録から入金までの流れを見ていくことにしましょう。

まずは取引所に自分の情報を登録して口座を開設します。

bitcoin(ビットコイン)のほかにも仮想通貨の種類は沢山ありますが、どの仮想通貨を利用する場合でも口座の開設が必須です。多くの場合、携帯電話番号やメールアドレス等を登録してアカウントを作成します。

すると登録したメールアドレス宛に確認メールが届きますので、指示に従ってアカウント作成を完了します。

その際、暗証番号を設定することがありますので、任意のものを設定してください。

次に取引に必要な情報を入力します。ここで氏名や住所、生年月日などの必要事項を登録してください。

次に行うのは本人確認情報の提出です。

本人確認情報とは運転免許証やパスポート、健康保険証などを指し、これらを携帯電話などで撮影してその画像を取引所にアップロードすることによって提出を行います。

ここで利用目的を入力することがありますが、正直にオンラインカジノを利用することを目的として入力してしまうと口座開設を拒否される場合がありますので、無難に「投資目的」などで申請することをおすすめします。

オンラインカジノは法律的にはグレーゾーンなのです。

取引目的等の入力が済んだら取引所から約1週間程度で転送不要書留郵便が送付されます。この郵便は本人が受け取る必要はなく、家族の方でも受け取ることは可能です。

ではいよいよ日本円の入金の方法について見てみましょう。以上の手続きが済んだら銀行口座を登録します。

ご自分が既に開設している銀行口座の情報を登録してください。

口座情報の登録が終われば入金が可能になります。入金の方法としてクイック入金というものがありますが、これはすぐに取引を開始したい人向けのサービスで、即座に入金が反映されますが対応していない銀行もあります。

この方法では入金手数料が324円かかりますので、手数料を払いたくない場合は通常の入金方法を選択してください。

入金を選択すると振込先銀行名や口座番号が表示されますので、さきほど登録した銀行口座から入金しましょう。これで入金が完了となります。

現在オンラインカジの中にはbitcoin(ビットコイン)での決済しか対応していないものも見られるようになりました。

クレジットカードでの入金ができなかったりすると、オンラインカジノの入出金は結構手間がかかって大変です。

以上で説明した利用方法を確認していただくと、bitcoin(ビットコイン)の登録から入金までの手続きはそれほど煩雑なものではなく、誰にでも利用できるものであることがお分かりいただけたのではないかと思います。

これを機会にあなたも仮想通貨の利用を始めてみてはいかがでしょうか。

仮想通貨ならビットバンク