オンライン決済サービス

STICPAYの登録~入金の流れ

 
STICPAY 公式サイトへ

STICPAYとは、一言でいえば国際決済サービスです。海外の通販サイトで購入した際に現地の通貨で決済をしたり、オンラインカジノや海外FXを使用する際の入出金も行うことができます。

他の同類のサービスとは異なり、完全な日本語に対応していることから日本人の利用者が多いサービスでもあります。

以上のことから、新たに登録や利用を検討している人も多いことでしょう。しかしどのようにして登録を行い、利用を開始すれば良いのか分からないという方もいるはずです。

そこでここでは、STICPAYの登録から入金の流れについて、詳細を見ていきます。

・登録するにはどうすれば良いのか。
まずは利用にあたって、一番最初に登録を行う必要があります。登録する場合は公式ホームページにアクセスし、「会員登録」の項目をクリックしましょう。

そうすると必要事項を記入する画面が出てきますので、必要な項目をすべて埋めていきます。

入力が完了したら「次へ」をクリックし、内容の確認を行います。

その後、登録の際に入力したメールアドレスに確認メールが届きますので、それが無事に確認できれば口座開設の完了です。口座開設が完了した後は身分証明書を提示する必要があり、無事に認証されればSTICPAYが利用できるようになります。

・入金するにはどうすれば良いのか。
次に、入金する際の方法について見ていきます。

入金可能な種類としては、銀行振込・クレジットカード・Union Pay・代替支払手段の4種類です。

代替支払手段としては、NETTELLERおよびSkillの利用が可能です。

入金する場合はサイトにアクセスしてログインし、続いて現れる画面の項目から「入金」を選択します。

前述した4種類の入金方法が出てきますので、その中から希望する方法を選択しましょう。

ただし注意点として、銀行振込を選択する場合は手数料が高くなること、クレジットカードを選択する場合はカードの登録をあわせて済ませる必要があります。以上を踏まえ、希望する方法を選択した後、必要な手順を踏んでいけば入金は完了です。

以上が、STICPAYの登録から入金までの一連の流れです。手順としては特別複雑なことはなく、誰でも簡単に済ませられる内容となっています。

使っている途中で何か問題が発生しても、日本語によるサポートが受けられる点は心強いといえます。使い方をマスターしてしまえば使い勝手が良いサービスなので、国際決済を行う上でかなり便利になるはずです。最後に、STICPAYを利用する上でのメリットやデメリットについても消化していきます。

メリットとしては、前述したとおり完全な日本語に対応していることと、出金の際の手数料が安めであること、ATMからの出金が可能であることなどが挙げられます。

STICPAYカードというものが用意されており、口座残高が50ドル以上の人であれば誰でも申請が可能です。

そしてデビットカードであるこのカードを持つことにより、ATMからの出金が可能となるのです。

続いてデメリットですが、出金の際の手数料は全体的な平均で見れば安めであるものの、mybitwalletと比べると割高になることが挙げられます。

また、国内銀行から入金する場合に、日本円の対応が不可である点もデメリットとして挙げられるでしょう。

ただし出金する場合は日本円に対応していますので、あくまで入金の場合のみの話となります。

これらのことがメリット・デメリットとして挙げられる内容です。一長一短はありますが、全体的に見れば使い勝手が良いサービスであることに違いはありません。

優れた面とそうでない面を両方把握した上で、上手にサービスを利用するようにしましょう。

STICPAY 公式サイトへ